遊女は三回目でようやく肌を許す、は本当か?

江戸の吉原に伝わった、様々な遊女伝説についての検証を行う

15、6歳で新造となり、客を取り始める。そのほか、妓楼には男の奉公人である若い者や下男下女も多数住み込んでいたため、見世ともなると合わせて百人近い大所帯だった。大吉原の遊び方、引手茶屋の役割。妓楼にあがることを登楼といったが、吉原遊びの仕組みで、いちばんわかりにくいのが引手茶屋の役割ではなかろうか。引手茶屋は仲の町の両側に軒を連ねており、いわば遊びの案内役だった。

なお、仲の町は吉原の中央をつらぬく大通りで、町名ではない。格式のある大見世は、引手茶屋を通した客しか受け入れなかった。そのため、客はいったん仲の町の引手茶屋にあがらねばならない。客が引手茶屋の主人や女将に相談すると、「では、○○屋の××さんは、いかがでしょう。声をかけてみましょう」と、すぐに若い者を走らせ、大見世に掛け合って遊女を予約してくれた。しばし酒宴をしたあと、時刻をみはからい、引手茶屋の若い者に案内されて妓楼に向かう。

あるいは、妓楼から遊女を引手茶屋に呼び寄せ、酒宴を楽しんだあと、連れ立って妓楼新造(下級の遊女)が先導し、禿(十歳前後の女の子)が従っている(勝川春章『会本色好乃人式』)に向かうこともあった。遊女にしてみれば現在の同伴出勤にあたり、妓楼での株も大いにあがる。その分、客に対するサービスはよくなった。春本『会本色好乃人式』に描かれた、花魁が客の待つ引手茶屋に向かうところである。新造が先導し、禿が従っている。妓楼でふたたび酒宴をひらき、やがて床入りとなるが、引手茶屋の若い者は宴席で芸者や常間の手配をするのはもちろん、最後は客の寝床にまで来て世話を焼く。
西日本最大の都市である大阪は、絶妙マッサージ店大阪などのお店も数多くありますが、わたしは気に入っている一つのお店をずっと利用し続けています。値段もサービスもとても良いところなんです。
ピンサロのような池袋ロリイタ風俗店は、プレイ中は個室ではなく区切られたボックス席でサービスします。なのでなにかあれば男性スタッフがすぐ対応できるので安心です。
女の子のための高収入ワーク専門サイト超高収入アルバイト求人大阪に掲載されている初心者講座が、とってもくわしくて役に立ちました。デビューまでの流れが紹介されていました
一人暮らしでも派遣の高級デリヘルを呼べば、最高の気分を味わうことができます。いつでも好きなときに連絡すれば美女が自分の家まで来てくれて一緒にいられるなんて素晴らしいですよね。


What's New
2014/12/22 オススメ記事を更新しました。
2014/12/18 新着記事を更新しました。
2014/12/17 猥雑な場所を更新しました。
2014/12/14 若い者の役目を更新しました。
2014/12/12 商売の常識を更新しました。
2014/12/10 遊女の揚代を更新しました。
2014/12/09 江戸の吉原に伝わった、様々な遊女伝説についての検証を行うを更新しました。
2014/12/06 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
ビッグデザイア風俗ターミナル風俗ナイトピ
各エリアから届いたホットな情報をダイジェストで配信!日本全国のお得な格安チケットをびゅびゅんと簡単に探せます!ヘルス、デリヘル、ホテヘル、ソープランド等の風俗最新ニュースを手軽にチェック